着物 査定

MENU

着物の査定でみられるところをチェック!

着物 査定

着物を高く売るためには査定でみられるところをチェックしましょう。

 

着物の査定でまずみられるのは着物の生地です。
一般的に、着物の生地には絹、麻、木綿、化繊、ウールなどがありますが
着物の査定で値段がつくのは絹の生地のものです。
それも正絹(しょうけん)と呼ばれる絹100%の生地だと高額査定が期待出来ます。
逆にポリエステルなどの化繊やウール生地の着物はほとんど値段がつきません。

 

つぎにみられるのが着物の丈です。
丈が長いもの、サイズが大きいものほど査定は高くなる傾向があります。
なぜなら丈が長いものであれば、別の人にあわせて仕立て直すことが出来るからです。

 

次に見られるのが保管状態です。
当然のことながら、シミやしわがあるような状態の悪い着物よりも、きちんときれいな状態で保管されたもののほうが高くなります。
未使用品であれば尚よいようです。

 

有名な作家のものか、どこの産地のものかもチェックされます。
人間国宝級の作家のものであれば希少価値が高いので高額査定が期待できるようです。
京友禅のように伝統工芸品に相当するような着物も高く買取してもらえる可能性があるようです。
三越や大丸などの有名デパートのものや、有名な呉服店のものも高く買取してくれる可能性があるようなので要チェックです。

 

こういった着物は証紙があるかどうかも見られるポイントなので、査定してもらう際には
なるべく証紙もセットで査定に出すようにしましょう。

 

最後にもう一つ、着物の査定で見られるポイントは流行です。
意外かもしれませんが、着物についても他のファッション衣類と同じように流行があるのだとか。
その時代あわせて人気のある柄や色、着物の種類があるそうです。
現在、人気がある着物か、すぐに売れるような着物かどうかも査定の際にチェックされます。
ちなみに今は打掛や振袖などの礼装よりも、普段使いが出来るような訪問着の方が高い買取価格になる傾向があるそうです。

 

>>着物の査定業者ランキングはこちら