着物 値段がつかない

MENU

ほとんど値段がつかない着物とは

着物 値段がつかない

着物を買い取りしてもらう際、値段がどうしてもつきづらいものもあるので注意が必要です。

 

まず着物といってもウールやポリエステルの生地のものはほとんど値段がつかないと考えた方がよいようです。
着物でちゃんとした買取価格がつくのは正絹(しょうけん)のもので、正絹以外の着物はなかなか買取価格がつきません。
ウールやポリエステルの生地の着物については二束三文の買取価格にしかならず、処分するつもりぐらいの気持ちで買取をお願いした方が無難です。

 

また、シミやしわがひどいもので保存状態が悪いものは、なかなか値段がつきません。
保存状態がよかったとしても、10年以上前ぐらいの古い着物についてもあまり高価査定は期待出来ません。
有名な作家さんのものや伝統工芸品なら別なのですが、着物についても他の服などと同様に流行があるので、
流行おくれの古い着物はなかなか値段がつかないのだそうです。

 

>>着物買取人気ランキングはこちら

 

喪服や真っ黒な無地の着物についても、あまり高く買い取りは出来ないそうです。
長襦袢(ながじゅばん)などの下着類についても、やはり欲しがる人が少ないため、ほとんど値段はつきません。

 

こういった着物についてはなかなか値段がつきませんので、買取をお願いするときは二束三文の買取価格になることを覚悟して、
自分で捨てるのは面倒くさいから代わりに引き取ってほしい・・・というぐらいの気持ちでお願いした方が無難です。

 

大島紬などは高価な着物で高価買取も期待できるそうですが、流行があるようで高く買取してくれるものと
あまり値段がつかないものの2つに分かれるそうです。
大島紬なら何でも高く買取してくれるかというと、そういうわけでもないようですね。
値段がなかなかつかない着物も多いので、着物の買取をお願いするときは気をつけましょう。