高額買取 着物

MENU

高く買取してもらえそうな着物とは?

高額買取 着物

 

一口に着物といってもいろいろな種類があり、高額買取が期待できるものもあれば、二束三文にしかならないものもあります。
着物を購入するときは数十万円としますが、売るときにはかなり値段が下がってしまうことは覚悟しておいた方がよいです。

 

現在、日本国内では着物を着る人は非常に少なくなってしまい、そもそも着物の需要がかなり低くなっているというのがその原因です。
着物を着るときというのは、成人式のときとか結婚式など、特別のイベントのときだけですよね。
着物を普段着るような人が非常に少なくなってしまったため、中古市場で着物の需要がないというのが着物が高く売れない要因です

とはいえ、中には高額買取を期待できるような着物もあります。
ここでは高額買取が期待できる着物のポイントをご紹介します。

 

シミやしわがなく保管状態がよいもの。未使用のもの

 

当然のことながら状態がよいものの方が高く売れる可能性はあります。
シミやしわがなく、きちんとした保管状態のものであればよいです。
1回も着ていないような未使用の着物であればポイントは高くなります。

 

大き目のサイズのもの

 

小さいサイズのものより大きめのサイズの着物の方が高く売れます。
というのは、大きめのサイズのものであれば、新たに着る人にあわせて仕立て直しできるからです。
大は小を兼ねるというように、大き目のものであれば小さく仕立て直しできますが、小さめのものは出来ませんからね。
日本人の平均的なサイズよりも大きいもの、丈が長いものであれば査定のポイントは高くなります。

 

生地が上質なもの

 

着物の生地が正絹(しょうけん、絹100%)のものであれば査定は高くなります。
着物には正絹のもの以外にも、麻、木綿、化繊、ウールなどがありますが、一番高く買取してもらえるのは正絹の着物です。
正絹以外のウールや化繊の着物はなかなか値段がつかないというのが実情のようです。

 

有名ブランド、有名作家、伝統工芸品、人間国宝級作家のもの

 

有名ブランド、有名な作家、友禅などの伝統工芸品、久保田一竹など人間国宝級の作家の着物は当然ながら高価買取が期待できます。
また、三越、大丸などの有名デパート、有名呉服店の着物も高く売れる可能性があります。

 

有名な作家のものとしては、喜多川平朗、北村武資、小宮康孝、玉那覇有公、中村勝馬、上野為二、久保田一竹、木村雨山、与那嶺貞など。
人気のある着物としては、友禅、宮古上布、大島紬、芭蕉布、越後上布、結城紬などがあります。

 

こういった有名な着物については証紙が必要になりますので、査定のときは必ずいっしょに出すようにしましょう。
証紙は絹織物工業組合が発行するもので、品質と産地を証明するものです。
端切れとともに「たとう紙」の中に入っていることが多いので、着物買取の前に探してみてください。