着物 格式 買い取り相場

MENU

着物の格式とは

着物 格式 買い取り相場

 

着物には格式があることをご存知ですか?
洋服にフォーマルのものからカジュアルのものまであるように、着物にも格式が高いものから低いものまであります。

 

結婚式、成人式などの冠婚葬祭に着用するような礼装の着物もあれば、
普段使いが出来るような訪問着、花火大会で着るような浴衣まで様々な格式の着物があります。

 

冠婚葬祭に着るような礼装には、黒留袖、打掛、色紋付、本振袖、喪服、黒羽二重五つ紋付など、
パーティーなどに着用する略礼装には、色無地、色留袖、お召一つ紋付、振袖、江戸小紋の紋付、などがあります。
普段使いできるような着物には紬、絣などがあります。

 

このように着物には格式があるのですが、ここで注意すべきことは着物の格式と買い取り価格の相場は全く比例しないということです。
冠婚葬祭で着るような喪服、黒留袖などの礼服はとても格式が高い着物になりますが、買い取り価格はとても安くなります。
喪服や黒留袖は買取NGの業者も多いようです。

 

礼服よりも、ちょっとしたパーティーに着れるような訪問着や普段使いが出来る紬や絣の方が高額査定が期待できるのだとか。
やはり、欲しいと思う人が多い需要のある着物の方が高く売れる可能性が高いので、買取価格も高くなるということみたいです。
ただし、普段使いが出来るものが高いといっても、ポリエステルなどの化繊のものや
浴衣などはほとんど買取価格がつかないようです。