大島紬の洗いかたは?売る前にクリーニングしたい。

MENU

大島紬の洗いかたは?売る前にクリーニングしたい。

大島紬の洗いかたは?売る前にクリーニングしたい。

伝統工芸品に指定されている大島紬は、着物に仕立てられていることが多く、しっとりした風合いを持ちながら、型崩れを起こしにくい特徴を持っています。
一般的には大島紬は高級品として販売されていることが多く、織り方によって様々な表現を行った独特のデザインなども人気の高いものが存在しています。
使わなくなった大島紬を売ることを考えている方ならば、汚れなどが気になってしまうことがあります。
汚れ具合によって洗い方が変わりますが、売る前には一定のクリーニングを施すことも良い方法です。

 

大島紬の特徴の中には泥染めの技法で作られていることが基本になることから、普通の洗いかたでは色落ちが発生してしまいます。
この点については避けることが難しいと解釈されているのですが、軽い汚れの洗いかたの中にはスポンジなどを用意して、汚れ部分を軽く叩く方法もあります。
この方法では綺麗にクリーニングできない場合では、中性洗剤などを少し用いて、柔らかい布地で軽く拭きとるように施すことも良い洗いかたになります。

 

一方であまりに汚れが酷い場合のクリーニング方法では、湯通しを行った上でネットに入れて洗濯機で洗う方法もありますが、不安に感じる方ならば必ず着物のクリーニングを得意としている専門店に依頼をして綺麗な状態に仕上げることがおすすめです。
濡らしてしまった場合では陰干しを行うことも基本になり、売る前には良好な状態に施すことで、十分な価値を発揮させることも可能です。